葬儀の流れを把握しておこう|遺品整理も依頼するのがベスト

保険でまかなう

棺桶

葬儀費用にあてることを目的とした保険

葬儀をする場合は、当然ながら費用が必要になってきます。最近では、昔よりも葬儀の規模が縮小傾向にあり、葬儀にかける費用も徐々に減少してきています。それでも、0円でできるわけではないので、準備はしておかなくてはいけません。最近では、葬儀費用にあてることを目的とした保険に入る人も多いです。一般的な生命保険だと、保険金がおりるまで数日かかります。亡くなった人の預貯金は、しばらくの間おろせません。しかし、葬儀費用に充てることを目的とした保険なら、すぐにお金がおりるという大きなメリットがあります。また、郵便局の簡易保険を利用していた場合、亡くなった当日でも決められた手続きをすれば、保険金がおりるので便利です。

自分らしさも入れてみる

昔は家族の誰かが亡くなると親戚や近所の人が何をおいてもすぐに駆けつけて、遺族の手助けをしてくれました。最近では、そのような助け合いは少なくなっています。自宅で行う人もかなり減少しました。現在の主流は斎場葬です。また、伝統やしきたりを大切にしながらも自分らしさを入れた改革型葬儀というものも増加してきています。代表的なスタイルは、家族葬や無宗教葬です。葬儀に対する意識の変化が顕著になってきています。