歯並びの悪さがコンプレックスの人へ「梅田の矯正歯科で相談」

矯正装置の比較

インビザライン

透明なマウスピースを使って、歯並びを整える「インビザライン」という治療方法は自分で矯正器具を取り外すことができます。食事の時もとり外すことができるため、ワイヤー矯正よりはストレスが少ないと言われています。しかし、月に数回歯科を受診し矯正装置の交換をする必要があるため忙しい人には不向きかもしれません。

ワイヤー矯正

見た目からしてTHE矯正器具!という見た目のワイヤー矯正は、一度付けてしまうと自分で取り外すことはできません。そのため慣れない間はストレスになってしまう場合もあります。しかし、人によってはワイヤー矯正の方が効果を得やすいと言われており、インビザラインに比べて歯科を受診する回数も多くはありません。

人気矯正方法ランキング

no.1

裏側矯正

ワイヤーを使った矯正方法の中でも、「矯正治療中だと気づかれたくない!」と思う女性から人気です。歯の裏側に矯正器具を設置するため、相手から見えにくくバレにくいというメリットがあります。そのため、歯並びをキレイにしたいけど目立つ方法は嫌という人に選ばれています。

no.2

マウスピース矯正

食事のときやデートの時は矯正器具を外したい!という男性や女性から人気のある治療方法です。透明なマウスピースを使った治療方法のため自分で簡単に取り外すことができます。手入れも簡単なため、ブラッシングが苦手な人などからも人気といわれています。

no.3

外科的矯正治療

短期間で治療を終わらせたいという人や、矯正装置を使って治療するのは難しいという人達からは外科的手術を利用した矯正治療が人気です。手術で骨格を変えるため、通常の治療では時間がかかってしまう症状の人でも短期間でキレイな歯並びを手に入れることができます。

歯並びの悪さがコンプレックスの人へ「梅田の矯正歯科で相談」

矯正

矯正歯科で治療できる症状

どんな症状の人が矯正歯科で治療を受けられるのか?と疑問を抱いている人は、梅田にある矯正歯科のホームページで治療症例を調べてみましょう。今まで、どんな症状の人を治療してきたのか、治療前と後ではどのぐらい見た目が変わるのかなどを見ることができます。梅田にある矯正歯科では、八重歯・出っ歯・受け口・開咬・正中離開などの症状を治療しています。

治療できる年齢

歯並びの悪さが気になるのは、大人だけではありません。子供でも歯並びが悪くなってしまう子は居ます。子供の歯を矯正治療で治す場合は、成長段階に合わせてゆっくりと整えていきます。第一期治療は、6歳頃から13歳頃の間にスタートする事が多く、その後様子を見つつ14歳頃い第二期治療をスタートさせます。成長途中の子供は、顎の大きさが変わってしまうため二回に分けて矯正治療を行ないます。大人の場合は、成長が止まっているため症状に合わせて矯正方法を決めていきます。梅田にある矯正歯科では、年齢や症状に合わせて患者に最適な治療方法を提案してくれるため、悩んでいる人は相談してみましょう。

広告募集中